コピー機選びに役立つ情報が満載です

業務でたくさんのコピーをしなければならない時に、大型で高性能なコピー機を持っていると便利に使えます。高性能でありつつも、メーカーや搭載機能によって価格が変わってきますので、慎重に選びたいところです。
無駄に高い価格帯のコピー機を選んでしまえば、経営に支障をきたすほどの無駄な費用をかけてしまいます。逆に費用を節約するために安めのコピー機を選んでしまえば、業務を効率よく行えないため、売上を下げてしまう結果になりかねません。
安いコピー機を選んだとしても、高い買い物をすることには違いがありません。導入前に無駄がないか、間違った選び方をしないかなどのチェック項目を作っておき、最もお得な導入のやり方を実践してみましょう。
ポイントとなる部分をいくつかピックアップしますので、参考にしてください。

毎月必要なコピー枚数で機種を選ぶようにする

コピー機選びで重点を起きたいのが、印刷できる枚数の能力です。日頃から業務で使っている場合に、大体の印刷枚数の目安がわかってきます。
印刷枚数はインクを補充したり給紙すれば、どのような機種でも何枚も印刷できるものですが、印刷速度が注目ポイントです。
コピー機の価格の変動で大きな影響を与えるのが印刷速度であり、速いほど高価になる傾向があります。反対に印刷速度がゆっくりな機種だと、安めの価格帯に設定されていることが多くなっています。
月々の印刷枚数が少ないのに印刷速度が速いコピー機を選んでしまうと、スペックを活かした使い方ができず、無駄な費用がかさんでしまうため気をつけましょう。
月間で500枚を下回るような利用状況なら、業務用のコピー機ではなく、家庭用のプリンターのほうがコストパフォーマンスに優れます。

目的の機能が使える機種を優先する

コピー機はメーカーによる性能の違いはあまり見られません。同価格帯のものなら、ほぼ同じ能力だと考えれば問題ないでしょう。
メーカーよりも、機能で比較して選ぶのが適切です。カラー印刷に対応しているか、ファックス機能の有無、スキャナやデータ送信などの機能は業務で使うことも多いですが、基本的に業務用のコピー機であれば、これらの機能は標準的についています。
基本的な機能以外の機能に焦点を当てましょう。両面印刷に対応しているか、印刷プレビューを大画面で確認できるか、ポスター印刷への対応など、機種ごとに違いが見られます。
セキュリティ機能も重視したい部分です。情報漏れを防ぐのに役立ちます。ICカード認証機能付き、自動的にデータを消去する機能、制限コードの埋め込み機能などが存在します。